#PUNPEEの合羽とKENDRICK LAMARについて

c0052259_11343475.jpg
c0052259_11341689.png

ちょっと前に、
本人が緊張していると公言していたFujirockの晴れ舞台で
なんであんな安い合羽を着ていたのか。。。

気取らないのがP氏だとおもっていたけれど、↓
2013年に同じステージに登場したKENDRICK LAMARへの
オマージュだったとのこと。(インタビューにて公言)

何人が気がついたんだろうか。。。

それにKENDRICK LAMARってフジロックに出てたのか。
もう、フジに来れないぐらい売れっ子になってしまいましたね・・。



本日のアーバンサマーナンバー


DJ HASEBE / ROOM VACATION feat. 唾奇 & おかもとえみ


おかもとえみ最高。









# by transportermitsu | 2017-08-17 11:49 | MUSIQ | Comments(0)

#サマージャム2017


c0052259_16360502.jpg

カルロスひろしが開ける夏の扉。招き入れられる部屋はエアコンが効いているし、


テーブルにはプラスティックのカップが並んでいる。そして、サウンド・システムからは、


今まさに創作の夏にあるラップ・ミュージックを始め、新しいアイランド・ミュージックが鳴っている。


私たちはうっとりと身体を揺らし、ぶちあがり、不意に炎天下、コンクリートの上で目が覚める。


頬には涙が伝った跡が残っている。夏は続く。


#サマージャム2017 磯部涼



借りたテントや寝袋をベランダで干す日曜日の夕方。
1週間前、豪雨の苗場に足を運んだ理由の一つに、
PUNPEEのライブが苗場で見れるというのがあった。
前日は曽我部さんも出るし、SDPのサマージャム95に続く、
マイサマーアンセム「サマーシンフォニー pt.2」が生で聴けるんじゃないかと
いう期待があった。

小雨の雨がふり続けるホワイトステージ、
なんでP氏は人生の晴れ舞台にわざわざ
あんな100金で買ったようなような合羽を着ていたんだろうか。
熱心なファンはわかると思う。それが、P氏。

アルバムを1枚も出していないのに、カラフルな雨具で埋め尽くされていて、
満員御礼、5lackも登場したそのステージにめずらしく感動した。
(曽我部さんも加山雄三も出てこなかったけど。)
日本全国の中のたった1万人だけなんだぞ、あの感動を味わえたのは。
(優越感。。)

苗場で見た、PSGや小沢健二とSDPのブギーバック、
サニーデーサービスのライブに現れたKid Fresno。
最終日のTHA BLUE HERBはさすがに見る体力はなかったけれど、
日本語ラップ人脈が今年は活躍していたように思えたし、
(たまたま見ただけかもしれないけど)
歴史的な瞬間を目撃できたと思うと、
行ってよかったなと心から思うのでした。

今、暑苦しい部屋でカルロスひろしの「あなたがいるから何度でも生まれる」
MIXを聴いている。
題名は今話題のモンドグロッソとコーネリアスからのサンプリング造語?
とにかく最高。
新世代のYoung Jujuや話題のゆるふわギャングなんかを上手につなげている。
(水曜日のカンパネラへの繫ぎが最高)
どれも、声がモコモコしてたり、トラックがふんわりしている。
THA BLUE HERBのような怒りもない。

意味がなさそうで意味があるリリック、
最先端のワルの見本市、クーラーのギンギンにきいた部屋で聞く
極上のラップミュージック。







# by transportermitsu | 2017-08-06 17:07 | MUSIQ | Comments(0)

#Hi-Standard

c0052259_17372425.jpg

Hi-STANDARDに想いを馳せるインドネシア青年の夢を追いかけた
ドキュメンタリー映像『Together』。

「ハイスタンダードと出会ってなければ
こんな風に強く生きられなかったと思うんだ」

インドネシアに住む若者がふとしとたきっかけで
Hi-Standardに出会い、
ポジティヴな方向に向かっていくというドキュメンタリー。

映像も奇麗だし、音楽の力は凄いと感心させられまし、
感動しました。いやー、俺もバンドしたくなってきた。

30分もないんで、寝る前にでも見てみてください。
Hi-Standardは、10月に18年ぶりにアルバムを発売する模様。
18年ってすごいな。。。






# by transportermitsu | 2017-07-16 17:51 | MOVIE | Comments(0)

Transporter's Music Charat 20170611-0708

c0052259_15351766.jpg


Transporter's Music Charat 20170611-0708

Corneliusが11年ぶり、MONDO GROSSOに関しては
14年ぶりにアルバムを発表。この夏はこれを聴いて過ごそう。

Mellow Waves

坂本慎太郎の作詞による「あなたがいるから」
まさかのラブソングからはじまり、
歌モノになった新生Cornelius。
あいからわずヘッドフォンで現実の世界を
断絶して聞くとすごくいいし、なんか甘くてエロくてメロウ。

Caivin Harrisのアルバムが
すごくトロピカルなメロウソウルで
夏にぴったり。凄い路線の変更、こちらもメロウ。

MondoGrossoとCorneliusのライブが
この夏いちばんの楽しみ。今年の夏の
キーワードはメロウで。

1.未来の人へ / Cornelius
2.No reason / Bonobo feat. Nick Murphy
3.春はトワに目覚める / MONDO GROSSO feat.UA
4.応答せよ / MONDO GROSSO feat.やくしまるえつこ
5.On Melancholy Hill / Gorillaz
6.ラビリンス / MONDO GROSSO feat.満島ひかり
7.エンジョイサマタイム / Enjoy Music Club with carios.DKXO.徳利.森光光子.原田君
8.千利休 / 水曜のカンパネラ
9.夢の中へ / Cornelius

10.Heatstroke / Caivin Harris feat.Young Thug.Ariana Grande,Pharrell Willamas






サマーBGM
Summer Baby / Sunny Day Service

曽我部恵一は夏がいちばん似合う。
エンジョイサマタイムでお願いします。








# by transportermitsu | 2017-07-09 10:21 | LIFE | Comments(0)

#朝活について

朝活
出勤前や休日の早朝に読書、スポーツ。
趣味などで自分の能力を高めようとする活動。



朝活について その1 ぱんのお話

いつもより早い朝を迎えるということは美味しいパンにいつもより沢山出会えるということ。
朝だったら、人気物のパン達もフルラインナップ。欲しかったスニーカーが全色全サイズ揃っているこの感覚。最高。
どんな時でも、半径10メートルの中に生活を楽しむヒントがあるということを忘れてはいけない。パンは最高。






朝活について その2 朝市について

朝市に行ってみる。食を通じコミニティーを産むこと、大切な事。新鮮な卵と手ずくり胡麻豆腐を購入。
朝は新鮮なものと出会える、朝活のススメの一つ。主婦やおじさん、エコ好きインスタガール、ヒッピーないでたちの若者、
入り乱れた人種が面白い。(人間観察) 食事に楽しみを見出すこと、とっても大事なこと。

生活を楽しむヒントは身の回りにいつもあることを忘れてはいけない。






朝活について その3 京都銭湯カルチャーについて

朝活について その3♨️ 片道1時間かけて何かと話題のサウナの梅湯の
朝風呂♨️に入りに行くという至高の行為。
京都銭湯シティカルチャー面白い。朝風呂最高!Get湯!




朝活について その4
鴨川で寝るという行為

恋人達の聖地、鴨川に缶ビールを持って飲み干し、1人寝るという至高の行為。
足のあらゆる場所を虫に刺され撤退。。 今回、get湯♨️スタンプラリーというのをやってみたけれど、
色々な人が誰誰が面白いから話すといいよみたいなコトを言われた。
面白いコトをしている人達は不思議にみんな繋がってる。
目の前で面白い事が行われているのに、寝てるなんてもったいない。書を捨て街へ出ろとはこうゆうこと。


鴨川の分岐点にはじめていった。
河川敷でくるりを聴いたらやっぱりしっくりきた、
夏の始まりにはぴったりの場所。虫がいるコトを除いては。。





朝活について その
純喫茶にて禁断のモーニングを食べる至高の行為。

The XXを聴きながら純喫茶にてモーニングを食べる至高の行為。
コーヒーと煙草とホットケーキ。勝利の一服とはこのこと。

パンケーキとホットケーキの違いは、砂糖の量らしい。
きよつけなければ、太るやつや。お気に入りの喫茶店をつくること、小さい大人の大事な嗜み。






朝活について その6
幸せの目玉焼きトーストについて

ちょっと辺鄙なところにあるコーヒースタンドで朝食を食べる。
パンと目玉焼きの間にマッシュポテトが挟まっていて、

卵にはチリソース?。そして何よりもパンのクオリティの高さよ。。アイスコーヒーもやや酸味がかかっていて美味しい。
過去最高のレベル。。 明らかに全てに手間がかかっている、
そんな手間をかけてくれる店員は共にイケメンで、littlenapcoffee

の豆を使用とのこと。嫌いになられる理由はひとつもない。

完璧な朝。


次回予告

逆エクストリーム出社 マラソン5キロ
朝湯 神戸編
朝カレー部活動
はじめての朝酒(新開地)

すごくどーでもいいことに
夢中になるこの性格をどうにかしたい。
















# by transportermitsu | 2017-07-05 10:26 | LIFE | Comments(0)

#くるりのこと

c0052259_03354676.jpg


熱心なミュージックラヴァーズに出会うととにかく思い入れのアーティストだとか、思い入れの強いアーティストだとか
覚醒させてしまった1枚について、とにかく熱く語る人がいる。
個人的にはお酒のあてになる、すごく好きな話なんだけど、凄くマニアックだったり、愛が故に歪んでしまった愛情(笑)のようで、
こうゆうのって観た事もないドラマだとか映画を、永遠に語る人みたいで、(個人的にはこれが1番苦手ながらも、酔った時にすることが多いらしい)
嫌なんで、どんな音楽が好きなんですか?と軽くあまり親交がない人には、「くるり」と答えるようにしている。

マニアックではない、POPなイメージがあるし、万人受けもいい。
(偏見)
誰もが知っているし、なんだかお洒落なイメージがある。(偏見)

という訳で、くるりが好きと言いながら、たいしてライブもフジロックで1度しか見たことないし、
特にものすごく思い入れがないくるりが20周年を迎えて、20年をインタビュー形式でまとめたくるりのことを読破した。
読み始めて、3ヶ月。。とことん僕はくるりのことをそんなに好きじゃないと実感しました。。。。

わかったこと
■立命館大学出身でインテリのイメージがあるけど、実際は立命館中学(中高一貫教育)で立命館大学に通っていた。
■名曲「東京」は初開催のフジロック帰りに東京で完成された曲。吉祥寺の井の頭公園で野宿して、
 いせやで100円の焼き鳥を食べてすごしたのちにスタジオ入りしてできた曲。
■京都のくるり、青森のスーパーカー、福岡のナンバーガールという括りはくるはあまり好きではなかったけれど、後にくるりは両バンドメンバーと仲良くなり
 刺激をいっぱいもらったとのこと。解散しても交流はずっと続いている模様。
■初代ドラマーの森さんは、3人の中で一番技術をもっていた。脱退前に演奏した曲はOASAISの「Champagne Supernova 」。泣ける。
■クリストファー・マグワイアはくるりがアメリカツアー中に一緒にまわったバンドのメンバーの1人だった。(そのまま日本についてきたらしい)
■リップスライムと一緒にMステーションに出演した帰りにキャバクラに行って大金を使った。(ロックスター、人生のモテ期だったとのこと)
■ドラマー、不在のくるりでドラムを叩いたのは40人ほど。(奥田民生もドラムで参加したこともあるとのこと)
■メンバーが入れ替わりまくり、岸田君のワンマンバンドのイメージが先行しているけれど、実際はそうでもない。(気がした)
■騒音問題で揺れる中、京都音楽博覧会でもっとも爆音を出したのは石川さゆり。岸田君はその行動に感動したとのこと
■いまのとこと、最新アルバムのTHE PIERは5年先を行ってしまったアルバムだと。(本人談)

最新作では、ラップを披露したくるり。確かにこの本をよんでから聞くTHE PIERはなんか今までとは違うような、
もうこれからは、簡単にくるりが好きって言うのはやめよう。
くるりの音楽をもっと深く掘り下げたいなら、くるりの「僕の住んでいた街」というB面を主に集めたアルバムを聴いた欲しい。
これをきいたら、いかにくるりというバンドが実験的なことを試行錯誤してきたかがよくわかる。
素晴らしい音楽家なんだなと。

これからは、くるりが好きってもう言いません。(断言)

くるりのことで岸田君はあとがきにこんな言葉を残している。

いい奴ぶるのは好きじゃないが、僕は現メンバー含め、くるりのメンバーになった
人達のことをいつまでも愛している。未練という言葉では決してないんだけれども。
彼らに心から敬意と感謝の意を込めて。

今年のフジロックでくるりは、小さなステージではありますがトリで出演。
また観たいな。





まぁべたなんですけど、くるりで一番好きな曲はこれです。
(これ実際観てたんです。街を演奏したときに眼鏡が落ちて、すごいロックだなーっておもったキヲクがある。)
いい一週間を。







# by transportermitsu | 2017-06-26 03:56 | BOOK | Comments(0)